信子母さんのエッセイ第133回「桜の木を見下ろして」

第133回「桜の木を見下ろして」

熊本城へ行ってきました。

修復中の熊本城には、復旧工事の様子を間近に見学しながら天守閣前の広場まで行ける “空中回廊” という特別通路が設けられています。

この通路は高さがあるので、歩いていると眼下に桜の木々が見えます。
いつも見上げている桜の木を見下ろすのは、なんだかとても新鮮でした。

綺麗だなあ…と眺めながら、ふと思いました。

神様は、高いところから、こんなふうにわたしたちを見ておられるのかしら…。
自分の持ち場で精一杯咲いて、神様に綺麗だなぁと喜ばれる、わたしもそんな花になれたらいいな… 。

地震後の修復を全て終えるには、あと17年を要するという熊本城。
傷を癒すかのように咲く桜の花は、もう満開を迎えます。🌸🌸🌸

関連記事

URL NOT FOUND
URL NOT FOUND

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

編集部ピックアップ記事

  1. 2020-1-27

    信子母さんのエッセイ第115回「家族」

  2. 2021-2-10

    信子母さんのエッセイ第130回「新しい日常」

  3. 2019-7-11

    信子母さんのエッセイ第90回「空を見上げて」

  4. 2017-10-6

    信子母さんのエッセイ第22回「ナンバーワン」

  5. 2018-7-27

    信子母さんのエッセイ第59回「lemonade(レモネード)」

  6. 2018-3-2

    信子母さんのエッセイ第39回「横一列に」

  7. 2018-3-23

    信子母さんのエッセイ第42回「瑠璃色の地球」

ページ上部へ戻る