I am a

Mormon Missionary

I am a

Mormon Missionary

What We Do

モルモンの宣教師って何をするひと?

What We Do

モルモンの宣教師って何をするひと?

Invite all to come unto

Jesus Christ

宣教師の使命は,

イエス・キリスト

のもとに人々を招くことです

Invite all to come unto Jesus Christ

宣教師の使命は,イエス・キリストのもとに人々を招くことです

 
教えを宣べ伝える宣教師

モルモンの宣教師は,キリスト教の価値観をべ伝えるために世界中の国々へ派遣されるひとです。
イエス・キリストは,今日の世界に大きな影響を与える様々な価値観を教えました。
たとえば…

周りの人を愛することがいちばん大切
あなたの敵も愛しなさい
自分の利益を考えないで人に奉仕するとき,
ふしぎと自分が幸せになる
楽しいことも辛いこともすべて,あなたを経験
豊かな人にしてくれ,あなたの益となる…

宣教師は,こうした価値観を皆さんと分かち合いたいと思っています。それは人を幸せにするからです。
あなたの人生の旅の中で,キリストの教えを実際に行ってみることによって喜びを見つけられるよう,宣教師はお手伝いをします。

 
助けの手を届けるひと

イエス・キリストは,約2000年前のパレスチナで,病めるひとをいやし,なぐさめの要るひとをなぐさめ,良い働きをしながらめぐり歩きました。
モルモンの宣教師はイエス・キリストの弟子ですから,キリストの行いにならって,人々を助けます。
日常の清掃から公共イベント支援,災害被災地支援,困窮者のための人道支援まで,そのボランティア活動の場はさまざまです。
また,以下のような事柄をご紹介し,皆さんが実り多い人生を送るためのお手伝いをします。


 
礼拝や楽しい活動に招く宣教師

宣教師は,皆さんを教会へ招くひとです。
教会では,毎週日曜日に礼拝を行っています。そこでは賛美歌を歌い,儀式をとり行い,祈ります。イエス・キリストから受けた喜びを思い起こし,キリストに従う気持ちを新たにします。キリストについて話を聞いたり,時に自分が話したりします。
そのようにして,自分の思いをキリストへ向けることが礼拝です。宣教師は,心に安らぎを与えてくれる礼拝の場へと皆さんを招きます。
教会はまた,楽しい活動と交流の場でもあります。スポーツ活動,折々の季節の行事,コンサート,ダンス,無料英会話教室,聖書研究クラス,ボランティア活動など,様々なことが行われます。宣教師はそのような社交の場に皆さんを招きます。

Preaching the Gospel

キリスト教の価値観を教えるひと

モルモンの宣教師は,キリスト教の価値観をべ伝えるために世界中の国々へ派遣されるひとです。
イエス・キリストは,今日の世界に大きな影響を与える様々な価値観を教えました。
たとえば…

周りの人を愛することがいちばん大切
あなたの敵も愛しなさい
自分の利益を考えないで人に奉仕するとき,
ふしぎと自分が幸せになる
楽しいことも辛いこともすべて,あなたを経験
豊かな人にしてくれ,あなたの益となる…

宣教師は,こうした価値観を皆さんと分かち合いたいと思っています。それは人を幸せにするからです。
あなたの人生の旅の中で,キリストの教えを実際に行ってみることによって喜びを見つけられるよう,宣教師はお手伝いをします。

Helping Hands

助けの手を届けるひと

イエス・キリストは,約2000年前のパレスチナで,病めるひとをいやし,なぐさめの要るひとをなぐさめ,良い働きをしながらめぐり歩きました。
モルモンの宣教師はイエス・キリストの弟子ですから,キリストの行いにならって,人々を助けます。
日常の清掃から公共イベント支援,災害被災地支援,困窮者のための人道支援まで,そのボランティア活動の場はさまざまです。
また,以下のような事柄をご紹介し,皆さんが実り多い人生を送るためのお手伝いをします。

雇用を確保し生活を自立させる方法
雇用と自立を助ける
教会には,キリストの教えに基づいて,経済・物質面でも心の面でも安定した生活を確立する(自立する)方法論があります。自立した生活は,あなた自身とあなたの家族に幸せをもたらします。
その方法は,幾つかの講座(履修コース)に登録して学ぶことができます。「わたしの礎」(基礎コース),「より良い仕事に就くための教育」(就職コース),「始める,育てる,わたしのビジネス」(起業コース)などです。
宣教師は,それらのコースを紹介し,登録するための手助けをすることができます。
ネイティブによる無料英会話教室
英会話 宣教師と生徒
モルモンの宣教師が日本に初めて上陸したのは100年以上の昔,1901年(明治34年)のことです。1910年ごろにはすでに,山梨県の甲府商業学校の英語主任教師として,宣教師がボランティアで教えていました。
これをルーツとする無料英会話教室は,戦後の日本の教会で定着し,今ではGOEIGO(ゴーエイゴ)ミッションスクールの名称で親しまれています。お金をかけない英語学習法として,2017年3月号の雑誌「プレジデント」でも紹介されました。気軽にネイティブスピーカーと話せる機会として好評です。
育児の悩みを解決する方法
子供と親 育児の悩み
キリスト教は,家族のきずなをとても大切にする価値観です。宣教師が伝えるキリストの教えには,夫婦や親子の関係を改善するための原則(方法や法則)やヒントがたくさんあります。
それは宣教師からだけではなく,幾つかの講座(履修コース)に登録して学ぶこともできます。「家族を強める」(子育てコース),「結婚生活を強める」(夫婦関係コース)などがあります。また,依存症立ち直りプログラムも用意されています。
宣教師は,それらのコースを紹介し,登録するための手助けをすることができます。
幸せな家族になる方法─「家庭の夕べ」の紹介
家庭の夕べ
キリスト教の価値観では,家族のきずなをとても大切にします。宣教師は,あなたの家庭を楽しく心温まるものにする「家庭の夕べ」を紹介しています。
「家庭の夕べ」は,週に1回,時間を決めて家族で集まり,ともに楽しいひとときを過ごすというシンプルな習慣です。スマホなど情報端末の普及や忙しい日常生活によって,家族のつながりが希薄になりがちな昨今,この簡単な方法がいかに家族を再生させるかを実感していただければと思います。宣教師は,あなたの家族が「家庭の夕べ」を始める手助けをすることができます。
先祖に思いをはせ,家族や親戚の絆をつなぐ方法
先祖の探求 絆
キリスト教の価値観では,家族のきずなをとても大切にします。それは,あなたの親子関係にとどまらず,祖父母,曽祖父母,さらにその先の先祖へとつながっていきます。なぜなら,それらの先祖の一人でも欠けるならば今のあなたは存在しないからです。
わずか4代をさかのぼるだけで,あなたには14人の父母がいます。それらの先祖がどのような人生を送ったのかを知るときに,あなたは決して独りではなく,たくさんの家族のきずなに守られているのを感じることができるでしょう。
教会は,オンライン系図探求ツール「ファミリーサーチ」をはじめ,写真や思い出など家族の大切な記録を保存し,親族みんなで共有するための手段を無償で提供しています。宣教師は,それらを紹介し,活用するための手助けをすることができます。

Inviting to the Church

礼拝や楽しい活動へ招くひと

宣教師は,皆さんを教会へ招くひとです。
教会では,毎週日曜日に礼拝を行っています。そこでは賛美歌を歌い,儀式をとり行い,祈ります。イエス・キリストから受けた喜びを思い起こし,キリストに従う気持ちを新たにします。キリストについて話を聞いたり,時に自分が話したりします。
そのようにして,自分の思いをキリストへ向けることが礼拝です。宣教師は,心に安らぎを与えてくれる礼拝の場へと皆さんを招きます。
教会はまた,楽しい活動と交流の場でもあります。スポーツ活動,折々の季節の行事,コンサート,ダンス,無料英会話教室,聖書研究クラス,ボランティア活動など,様々なことが行われます。宣教師はそのような社交の場に皆さんを招きます。

宣教師って
こんな人たちです

宣教師ってこんな人たちです

[The Journey](約7分)

あなたをお手伝いできることがありますか?

宣教師との面談を