信子母さんのエッセイ第53回「face(顔)」

第53回「face(顔)」

鏡を見て気づいた
わたしは二重まぶたなんだけど、
なんか、ひとえっぽくなってるぞ。

いや、これはもう 一重だね。
上瞼が下がって来て
二重の部分が隠れてる。

目、ちっちゃ。

でも、驚いたのは変化じゃなくて、
その変化に動じない自分自身。

前は違ってた。
ほうれい線を見るたびに、
新しいシミを見つけるたびに戸惑って、
何度も何度も言い聞かせてた。

認めなくちゃ。
受け入れなくちゃ。
加齢に伴う変化の数々。

歳をとるのは悪いことじゃない。
変わっていくのは悪いことじゃない。
外見だけがすべてじゃない。
歳を取っても綺麗な人は
世の中にいっぱいいるじゃない、って。

それでも、たまに凹んでたのは、
変化にあらがう自分がいたから。

中身はそんなに変わってないのに、
見た目は 老いへと 一直線。
追いつけないんだよね。
変わっていくそのスピードに。

午後のテレビショッピング。
ほんと?
ほんとにたるみがなくなるの?
ほんとにハリが出てくるの?
と、思わず注文したことも、
一度や二度じゃなかったな。

わたしは確かに あがいてた。

ところが、

どうして?
どうしてわたし、動じてないの?

一重まぶたのような目を見ても、
ほう、そう来たか!
と、面白そうに鏡を見てる。

なんで?

諦めたわけじゃない。
女を捨てたわけじゃない。
開き直ったわけじゃない。

いや、
開き直り?

平然と受け止める。
これって、開き直りなのかもね。

ならば結構。
開き直り、大いに結構!

思ったより長くかかったけど
やっとここまでこれたってことか。

美しくはない。
けれど、醜くもない。

これがわたし。
63歳のわたしの顔だ。

もっと変わっていくだろう。
もっとシワが増えるよね、
目だってきっと、
もっとちっちゃくなるんだろうな。

でも平気。
勲章とまでは思わないけど、
変化はわたしの年輪だ。

鏡を見つめて
思いっきり笑ってみる。

ふふ。
目、細っ。

でも、嫌いじゃない。
いや、むしろ好き♡

付き合っていくよ!
変わっていくわたしの顔に。

素敵に見える服、選んであげる!

関連記事

URL NOT FOUND
URL NOT FOUND

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

編集部ピックアップ記事

  1. 2018-4-9

    Mormon Mama: レインボークリスピー

  2. 2018-3-8

    モルモンヘルピングハンズとは

  3. 2018-1-17

    テオさんの笑顔の秘密―ハワイの大家族とその絆

  4. 2018-5-11

    信子母さんのエッセイ第49回「brilliant smile (輝く笑顔)」

  5. 2018-7-23

    Mormon Mama: アメリカン★ソフトクッキー

  6. 2018-1-26

    信子母さんのエッセイ第34回「結んだ実」

  7. 2017-12-6

    三つ子姉妹それぞれの巣立ち②―香山三姉妹インタビュー

ページ上部へ戻る