信子母さんのエッセイ第44回「ろんぱ」

第44回「ろんぱ」

つい先日、息子三人が話しているのを何気なく見ていたら、そのうちの一人が「はい!ろんぱー!」と言って会話を終了させていました。

ろんぱー?

???

ロンドンハーツ?

?????

ああ!
わかった!

ろんぱ。
論破ね!

言い負かしたってことか。
なーるほど!

笑っちゃいました。
この言葉、若者に流行ってるんでしょうか?

相手を言い負かす ということに関して、わたしには忘れられない思い出があります。

長男と次男がまだ中学生で 反抗期真っ最中の頃でした。

その日わたしは長男との口喧嘩に勝利をおさめ、満足して寝ようとしていました。
すると、夫が声をかけてきたのです。
「気を悪くしないで聞いてね」と。

珍しいな、なんだろう?
わたしは、夫の言葉を待ちました。

「のぶちゃんは、口が達者というか、喋るのが上手いから、時々子どもたちを言い負かしてしまう癖があると思うんだよ」

えっ?
さっきわたしが息子に言ったこと、間違ってた?と尋ねると、夫は答えて言いました。

「いや、間違ってないよ。のぶちゃんの方が正しいのはわかってるんだ。でも、あんまり言い負かさない方がいいんじゃないかな?」

え?

「言い負かされてしまうとね、頭ではお母さんの方が正しいとわかってても、押さえつけられたような気分になって、納得するんじゃなくて不満ばっかり残るような気がするんだよね」

夫がその後に言った言葉を わたしは忘れません。

「時々は負けてやったら? 」

… 負けてやる?…

思いもしなかった言葉に戸惑っているわたしに、夫は優しく続けました。

「子どもたちが間違ってても、ああ そうね、って言ってやったらいいんじゃない?無理に分からせようとしないで。そしたら、お母さんは自分のことをわかってくれるって気持ちが もっと強くなると思うんだよね」 と。

……

当時のわたしは、子どもとの言い争いでは連戦連勝。負けたことがありません。

でも、夫の言葉は、そんなわたしの勝利を、簡単に打ち砕きました。

どっちが正しいかなんて、ほんとはどうでもいいのかもしれないな…
子どもたちにとって、もっと ずっと大切なのは、受け入れられているという実感。親からの信頼…

そうだね!
ほんとにそうだよね!

……
心からそう思ったので、
その時わたしは決めたのです。
論破はしない!と。

それから十数年。

ずっと気をつけてはいるのだけれど、
今でも たまに、大人気なくムキになって 言い負かしてやりたくなることがあります。

だって、
上の子が大人になっても、次々に下の子たちが生意気な反抗期に突入していくんですもの。
(๑>◡<๑)💦笑

大家族のお母さん。
まだまだ頑張らないとね!

関連記事

URL NOT FOUND
URL NOT FOUND

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

編集部ピックアップ記事

  1. 2018-3-12

    私たちの年の頃何をしてた?―大内学さん《時刻表編集長》に聞く③

  2. 2018-3-7

    The Greatest Showman のリミックスソングを公開!

  3. 2017-7-20

    信子母さんのエッセイ第10回「健康は試練」

  4. 2018-2-1

    宣教師って何をしているの?―ロケットさんインタビュー① 

  5. 2017-9-5

    対談 Orangestar × M.B 通算1,500万回再生の音楽動画クリエイターがヒットの裏側を語る②

  6. 2018-2-9

    信子母さんのエッセイ第36回「求めない」

  7. 2018-2-22

    Mormon Mama 始めました

ページ上部へ戻る