信子母さんのエッセイ第43回「レッスンが好き♪」

第43回「レッスンが好き♪ 」

「ねえ、今、責任、なにやってるの?」
「今のわたしの責任は、指揮者よ」

これは、教会内で普通に交わされる会話です。
「責任」?「指揮者」?
え? ?となりますよね。

今回のエッセイの内容に入る前に、少し説明させてください。

わたしが通っている末日聖徒イエス・キリスト教会では、教会員が、オルガニスト、指揮者、司会者、管理者、話者、教師、書記、図書係、美化係…などなどの役割を担い、才能を分かち合っています。
また、様々な組織の指導者として奉仕してくださる方々もいます。
その一つ一つの役割を、教会では「責任」と呼んでいます。
どの「責任」も、専門的な知識や資格を有した人が選ばれるわけではなく、「責任」は各々の人にとって、新しい経験であったり挑戦であったりもします。
「責任」を受ける期間は人それぞれで、短い期間の人もいれば、何年も続けて受ける人もいます。

わたしも、これまでいろんな「責任」をいただいてきました。難しいこともありましたが、取り組むことで沢山の喜びを得、成長できたと思っています。今もそうです。

受けた「責任」の中でわたしが一番好きなのは「教師」です。
教会には、神様の教えを学ぶための小さな子どもたちのクラス、青少年のクラス、大人のクラス、女性のクラス、男性のクラス…など、年齢等に応じて、複数のクラスがあります。
ピアノのレッスン、バレエのレッスン、というように、教会での勉強も”レッスン”と呼ばれており、クラスで神様の教えについてレッスンするのが 教会の教師の役割です。

今わたしは教師として、中高生のクラスを担当しています。

レッスンの前には、聖典やテキストを使って準備します。わたしにとって とても楽しい時間です。知らないこと、わからないことがいっぱい出てきますが、それも含めて楽しいです。
わからないから何度も聖典を読みます。聖文やテキストを詳しく調べます。そして、神様に祈り尋ねます。頭がごちゃごちゃして、眉間にシワが寄ることも少なくありませんが、それでも楽しい!💕

わかった時の喜びを経験しているからです。

なんでだろ?どうしてだろう?
不思議だな、不公平だな、不条理だな、理不尽だな… と思えるようなことがあっても、よくよく調べていくと、理不尽の後ろに隠れている神様の御心が見つかることがあります。
あぁ、そうだったのか!そういうことだったのか!(๑>◡<๑)💓
神様の慈愛や知恵の深さを思い知る嬉しい瞬間です。
ああ、この思いを分かち合いたい!早くレッスンしたい!と待ちきれない思いで わたしはクラスに向かいます。
そうして、自身の発見や学びをクラスのみんなに分かち合い、みんなからも、いろんな思いや経験を分かち合ってもらう、そんな時間が本当に大好きなんです。(^ν^)💓

楽しいクラスになったらいいな。
笑顔のクラスになったらいいな。
教化し合えるクラスになったらいいな、と願いつつ、
さあ!今日も楽しくレッスンの準備です!

…と熱弁をふるっているうちに、
あれ?
いつの間にか、今回のエッセイ書き終わっちゃいましたね。笑

ではまた次回!
次は「ろ」の付くタイトルでお目にかかりましょう!

関連記事

URL NOT FOUND
URL NOT FOUND

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

編集部ピックアップ記事

  1. 2018-3-9

    信子母さんのエッセイ第40回「らいおんハート」

  2. 2017-12-29

    信子母さんのエッセイ第31回「本当にありがとう!」

  3. 2018-3-12

    わたしたちの年の頃何してた?―大内学さん《時刻表編集長》に聞く

  4. 2017-4-13

    信子母さんのエッセイ第2回「証(あかし)って なあに?」

  5. 2018-4-27

    信子母さんのエッセイ第47回「『ん 』まで来ました!」

  6. 2017-8-25

    信子母さんのエッセイ第16回 「そう来たか」

  7. 2018-6-8

    信子母さんのエッセイ第53回「face(顔)」

ページ上部へ戻る