教会の組織

末日聖徒イエス・キリスト教会は世界規模の教会です。現在の会員数は1,300万を超え,半数以上が合衆国以外に住んでいます。モルモンの中心はユタ州と思われがちですが,ユタ州に住む会員は全体のおよそ14パーセントに過ぎません。5万人以上の宣教師が162か国で奉仕しており,会員数は急速に増え続けています。

ジョセフ・スミスが1844年にイリノイ州カーセージで殉教した後,ジョセフに次いで教会の預言者となったブリガム・ヤングは,啓示を受けて教会員を西へ導きました。1847年に開拓者の最初の一団が到着したユタ州ソルトレーク・シティーは,末日聖徒イエス・キリスト教会の本部となり,現在に至っています。

ロッキー山脈のふもとで栄えるソルトレーク・シティーには,教会の重要な施設があります。

  • テンプルスクウェア:美しく整えられた35エーカー(14 ヘクタール)の敷地には,ソルトレーク神殿,タバナクル,アッセンブリーホール,そして二つの訪問者センターが建っています。
  • 教会本部――テンプルスクウェアの東側に位置しています。
  • カンファレンスセンター――テンプルスクウェアの北側にあります。全世界に向けてメッセージを伝える教会の総大会もここで行われます。
  • 家族歴史図書館――系図を探求する人ならだれでも利用できます。テンプルスクウェアの西側に建っています。

末日聖徒イエス・キリスト教会は世界規模の教会となりました。現在の会員数は1,300万を超え,半数以上が合衆国以外に住んでいます。モルモンの中心はユタ州と思われがちですが,ユタ州に住む会員は全体のおよそ14パーセントに過ぎません。5万人以上の宣教師が162か国で奉仕しており,会員数は急速に伸び続けています。

世界規模での発展を受け,教会は各地に100を超える神殿を建設しています。また,成人,青少年,子供向けの雑誌を50の言語で毎月発行しているほか,93を超える言語で,1億部以上の『モルモン書――イエス・キリストについてのもう一つの証』を発行しています。

W5万人を越える宣教師が162の国で奉仕し,会員数は急速に増え続けています。

世界各地の教会員は,ワードまたは支部と呼ばれる地元の組織に属しています。ワードや支部は地域ごとに組織されており,会員は自宅から近い教会に毎週日曜日に集いながら,礼拝や学習を行っています。地元の教会の指導者はビショップまたは支部会長と呼ばれています。彼らは教会での働きの報酬として金銭を受け取ることはありません。自らの時間をささげて教会のために奉仕しているのです。

教会の集会にぜひ足をお運びください。一緒に礼拝しましょう。