イエス・キリストを信じる信仰

キリストを信じる信仰とは,イエスが神の独り子であり,また救い主,贖い主であられることを固く信じることです。それは,主の贖いと教えを受け入れ,実践することです。

福音の第一の原則は,主イエス・キリストを信じる信仰です。キリストへの信仰には,主が神の独り子であり,世の救い主,贖い主であられることを固く信じることが含まれます。主が神の御子であり,人類の罪,苦難,弱さのために苦しみを受けられたと信じるのです。キリストを信じる信仰を持つとき,わたしたちは主の贖いと教えを受け入れ,実践するようになります。天の御父は,御子に従う信仰を持つ人を祝福されます。.

大切なのは,神を信じる信仰とは理論上の信条を超えるものだということです。それは行動や力の源となります。神を信じる信仰を持つとは,自分の信じるところに従い,進んで行動することを意味します。 結果を見るまで,神への望みと信頼を絶やさずに行動するよう天の御父は求めておられるのです(アルマ32:21)。

信仰を持つと,救い主について学び,さらに救い主のようになるためにできるかぎりの努力をするようになります。そして望んでいること,祈り求めていることが実現するよう,あらゆることを行うのです。まったく罪を犯さないということはありませんが,主の戒めを守り,罪を避けるように努力することで,主への愛を示すことができるのです。.

まず,戒めに従えるようにイエス・キリストを深く信じます。そうすれば,誘惑に勝つ力を得られるよう,信仰をもって祈ることができます。また,知恵の言葉や什分の一のような一つ一つの原則を,確信をもって信じられるよう祈ることもできます。信仰は,神の言葉を聞き(ローマ10:17)神の言葉を読むことでも(ヒラマン15:7-8)育てることができます。

神に従うならば祝福を受けるでしょう。神は人生の困難に立ち向かう力を授け,心の願いが変わるように助けてくださいます。神は,わたしたちがイエス・キリストを信じるときに,わたしたちの肉体と霊の両方をいやしてくださるのです。