イエス・キリストの贖い

天の御父は御子イエス・キリストを送ってくださいました。イエス・キリストは,わたしたちがみもとへ戻って御父とともに生活できるよう,進んでわたしたちの罪の代価を支払ってくださったのです。

わたしたちを愛しておられる天の御父は,御子イエス・キリストを送ってくださいました。イエス・キリストは進んで苦しみを受け,わたしたちの罪,苦痛,病気,悲しみの代価を支払ってくださいました。主の恵みと,世界で最も重要な出来事であるこの贖いの憐れみを通して,わたしたちは試練の中で助けを受け,罪から生じる罪悪感や恥辱感をぬぐい去っていただけるのです。

贖いに頼るなら神の愛を感じ,神からの助けを受けて試練に耐えることができるでしょう。愛に満ちた天の御父の憐れみにより,喜びと平安,慰めを受けることができるのです。

イエスはわたしたちの罪の代価を支払ってくださいましたが,わたしたちの選択の自由,すなわち個人の責任を取り去られたわけではありませんでした。イエスは,当人の意思に反してまで人を清められることはないのです。 

生活の中で主の贖いの効果を十分に受けるには,以下の事柄を行わなくてはなりません。

  • 主を信じる信仰を働かせる。
  • 悔い改める。
  • バプテスマを受ける。
  • 聖霊を受ける。
  • 生涯にわたって主の教えに従う道を選ぶ。

イエスがわたしたちの罪のためにどれほどに苦しまれたかを完全に理解することはできません。しかし,ゲツセマネの園で救い主はわたしたちの罪の重さのために苦悩され,その苦しみはすべての毛穴から血がしたたるほどであったことをわたしたちは知っています。(ルカ22:39¬-44})

その後,主は十字架にかけられ,知り得るかぎり最も残酷な方法の一つにより,悲痛な死を自らお受けになったのです。

救い主はわたしたちにこう述べておられます。「見よ,……わたしは,すべての人に代わってこれらの苦しみを負い,人々が……わたしが苦しんだように……苦しみを受けることのないようにした。」(教義と聖約19:16-17)

わたしたちは悔い改めという過程により,イエス・キリストの贖いを通して罪の赦しを受けることができます。(ヨハネ3:16;モーサヤ4:6-8)

心から悔い改めるには,次のことを行わなければなりません。

  • 神に,そして自分の罪により傷つけたすべての人に罪を告白する。
  • 神と,傷つけたすべての人に赦しを願う。
  • 可能であれば,損害を償う。
  • 罪を捨てる。
  • 戒めを守るよう努める。

真の悔い改めは平安と赦しをもたらします。神はこのように約束しておられます。「見よ,自分の罪を悔い改めた者は赦され,主なるわたしはもうそれを思い起こさない。」(教義と聖約58:42)