復活と裁き

復活により肉体と霊が再結合した後,わたしたちは裁きを受けるために神のもとへ行きます。

地上へ来るすべての人に神が与えられた偉大な賜物の一つは復活です。復活はイエス・キリストの贖いによって可能となりました。十字架につけられた後,3日目にイエス・キリストは復活した最初の御方となられました。主の霊は,栄光を受け,完全となった肉体と再び結合し,もはや死なれることはなくなったのです。

イエス・キリストと行動していた人たちがイエスの墓を見に行くと,そこには御使がいてこう告げました。「もうここにはおられない。かねて言われたとおりに,よみがえられたのである。」(マタイ28:6)

肉体と霊がこのように再結合することは復活と呼ばれています。善人と悪人を問わず,地上に生まれた人はだれでも不死不滅という賜物を与えられます。(1コリント15:22)

永遠の命は不死不滅と同じではありません。永遠の命は神の福音に従う人だけに与えられる神の賜物です。永遠の命はわたしたちが到達できる最高の状態であり,キリストの贖いを通して罪と苦しみから解放された人にもたらされます。これは昇栄と呼ばれ,永遠の家族として神とともに永遠に生活することを意味します。神とイエス・キリストを知り,御二方のように生きるということなのです。

復活により肉体と霊が再結合すると,わたしたちは神のもとへ行きます。自分の義しさと罪についての完全な記憶をもって裁かれるためです。わたしたちは,自分の行いと願いに従って報いを受けます。悔い改めているなら,憐れみを受けるでしょう。