天と永遠の報い

裁きの結果,神のもとへ戻るのにふさわしいとされる人は,神の持てるすべてのものについて「神の相続人,〔また〕……キリストと共同の相続人」(ローマ8:17)になります。

天とは神が住んでおられる場所であり,神に従う人は将来天に住みます。天の御父は,御父が用意された計画により,また救い主イエス・キリストの恵みにより,御父のすべての子供たちがみもとへ戻ってともに住むことを望んでおられます。

わたしたちは復活した後,現世での行いに対して裁かれ,報いを受けます。愛に満ちた天の御父は,御父の戒め に対する従順さと,救い主に従いたいという望みに応じて,すべての子供たちに報いを与えることを強く望んでおられます。

天の父なる神とイエス・キリストのもとへ戻るのにふさわしい人は,神の持てるすべてのものについて「神の相続人,〔また〕……キリストと共同の相続人」(ローマ8:17)になります。そしてみもとに戻り,御父の栄光に包まれ,御父と自分の家族とともに生活するのです。

天の御父とイエス・キリストに従わない道を選ぶ人は,現世での行いに応じて報いを受けますが,神のもとで生活するという栄光にあずかることはありません。

家族との交わりが人生でこの上ない喜びを与えてくれる一方で,愛する家族のだれかを失うことはたとえようもなく深い悲しみをもたらします。しかし死を,心から愛する人々との交わりに終止符を打つものであると考える必要はないのです。主は預言者ジョセフ・スミスに次の啓示をお与えになりました。「ここでわたしたちの間にある交わりが,そこでも〔永遠に〕わたしたちの間にある。ただし,その交わりには……永遠の栄光が伴う。」(教義と聖約130:2)

イエス・キリストの贖いを受け入れ,主の模範に従う家族の一人一人は,神の聖なる神殿で行われる神聖な儀式を通して,永遠に一緒にいることができるようになるのです。

裁きを受けた後,わたしたちは栄光の位に分かれて生活します。どのような行いをしたか,またどれほど義にかなった願いを持っていたかは人それぞれに異なるため,天には異なる王国,つまり栄光の階級があります。

  • 日の栄えの王国――日の栄えの王国には天の御父とイエス・キリストが住んでおられます。イエス・キリストの福音に従って生活し,贖いによって罪から清められるなら,この最も高い王国で住む場所を受けるでしょう。そして,神のもとで生活し,完全な喜びを知るのです。
  • 月の栄えの王国――イエス・キリストの福音を受け入れることを拒みながらも,高潔な生活を送る人は,月の栄えの王国に住む場所を受けるでしょう。
  • 星の栄えの王国――死んだ後も罪を犯し続け,悔い改めない人は,星の栄えの王国に住む場所を受けるでしょう。