神は,わたしたちの人生のために計画を用意されました

人はよく次の問いについて深く考えます。「わたしはどこから来たのだろうか。」「わたしの人生の目的は何だろうか。」「この人生を終えた後,わたしはどこへ行くのだろうか。」神は御自身の子供たちのために幸福の計画を備えておられます。

聖文の中で,神の計画は救いの計画,贖いの計画,幸福の計画と呼ばれています。この計画の中心は主イエス・キリストと主の贖いです。いつの時代も,人はよく次の問いについて深く考えてきました。「わたしはどこから来たのだろうか。」「わたしの人生の目的は何だろうか。」「この人生を終えた後,わたしはどこへ行くのだろうか。」神は御自身の子供たちの幸福のために計画を備えておられます。それはイエス・キリストの贖いを核とする救いの計画です。イエス・キリストの教えに従うなら,わたしたちはこうした疑問への答えを見いだし,この世では心にいつも平安を保ち,来世では永遠の喜びを得るでしょう。

地上で生活を始める前,天の御父の霊の子供であるわたしたちは御父とともに暮らしていました。その生活は喜ばしいものでしたが,わたしたちがさらに成長を続けるためには,しばらくの間神のもとを離れなければならないことを神は知っておられました。

神はわたしたちが地上に来られるようにしてくださいました。地上でわたしたちは肉体を得て,経験を積みます。これらはわたしたちが学び,成長し,救いの計画の目的を達成できるよう助けてくれます。救いの計画の目的は,わたしたちがさらに天の御父のようになるのを助けることです。

神の計画によると,わたしたちは死すべき世にやって来て肉体を受けなければ,絶えず進歩することはできません。この地上で積む経験によってわたしたちは学び,成長します。そして主が命じられるすべてのことをなすかどうか試されるのです(アブラハム3:25)。わたしたちがさらに天の御父のようになるのを助けることがこの計画の目的です。地上で生活しているということは,わたしたちが天の御父の計画を受け入れたということ,また神が用意しておられるすべてを受けるためなら何でもしたいと望んで地上へやって来たということを意味しています。

愛に満ちた天の御父は,この死すべき世でわたしたちが罪を犯すことを知っておられたため,救い主イエス・キリストを備えてくださいました。キリストの犠牲のおかげで,主の福音の教えに従うすべての人が,悔い改めることにより赦しを受け,御父のもとに戻ることができます。神の子供であり,神聖な特質を持つわたしたちは,キリストの助けと力により進歩し,いつの日か神のようになることさえできるのです。

この永遠の観点を理解すると,たとえ試練や難題に遭遇しても,人生に幸福を見いだすことができるでしょう。愛に満ちた天の御父の子供であるわたしたちは,苦難を神に近づくための踏み石と考えることができます。熱心に祈りながら助けと強さを願い求めるなら,自分が独りはないという安心感を得られるでしょう。神はわたしたちを愛しておられます。わたしたちが頼るなら,神は助けてくださるのです。

神はわたしたちに,人生の道しるべとなる贈り物を与えてくださいました。選択する能力と力は,全人類に与えられた最も貴重な贈り物の一つです。天の御父はわたしたちの持つ選ぶ自由を尊重しておられます。正しい道を選ぶよう強制したり,愚かな選択をするのを制したりはなさいません。それでも神は「いつも善を行うように」(モロナイ7:13)わたしたちを招き,促そうとしておられます。

どのような選択であれ,わたしたちは何かを選ぶときにその結果も選んでいることを神は御存じです。結果はすぐに分かる場合もあれば,ずっと後にやって来ることもあります。しかし必ず,善い選びは幸福を,そして間違った選びは不幸を招くのです。天の御父は,わたしたちが選択し,結果を経験することをお許しになっています。それはわたしたちが善悪の区別を学ぶためです。わたしたちは善を選ぶことを学びながら,さらに天の御父のようになるための方法を身に付けていくのです。