第11回「心地よい場所」

/, 岸信子/第11回「心地よい場所」

第11回「心地よい場所」

心地よい場所ってどんなところ? と 息子に尋ねてみたら、彼は「トイレ!」と即答しました。

 

そうじゃなくてさ、どんなとこだったら その場所を心地よく感じられるかとか、

どんなところだったら そこに気持ちよくいられるか、だよ、と言うと、

にやっと笑って「じゃ、”お母さんがいるところ” 的な?」と言い直します。

 

え? そ、そんな、…ゴマすらなくてもいいですよ….

苦笑しているわたしに、少し考えて息子は答えました。

「う~ん。自分が自分でいられるところ、かな」

 

なるほど。

それでは、と、夫も含めた子どもたちみんなに、家族のラインで問いかけてみました。

 

”あなたにとって、心地よい場所とは どんなところですか?”

 

寄せられた答は、次のようなものでした。

 

⚫︎自分の居場所があるところ

⚫︎強制されないところ

⚫︎怒ってる人がいなくて みんな笑ってるところ

⚫︎安心できるところ

⚫︎認められるところ

⚫︎愛があるところ

⚫︎否定されないところ

⚫︎役に立ってると感じられるところ

⚫︎責められないところ

⚫︎もっといい自分になろうと思えるところ

⚫︎自然体でいられるところ

 

なるほどね。

 

そういう場所にしたいな。

セミナリー※のクラスも、

家庭の中も。

 

※ セミナリーとは、14歳から18歳までの青少年が集まって
聖典の勉強をする会。
通常、学校始業前の早朝に行われます。
わたしは毎日4人のクラスを教えています。

 

 

By | 2017-07-25T08:18:35+00:00 7月 25th, 2017|Categories: ブログ, 岸信子|0 Comments

Leave A Comment