This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.

This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.

This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.

This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.

第5回「英治さん」

Home/ブログ, 岸信子/第5回「英治さん」

第5回「英治さん」

第5回「英治さん」

 

結婚前に決めていたことがあります。

・夫を「英治さん」と名前で呼ぶこと。

・同じベッドで一緒に寝ること。

・ハグを欠かさないこと。

 

結婚して33年。

これまでずっと続けてきたのですが、最近になって、これ、いい目標だったかもしれないなと思ったりしています。

 

呼び方次第で、その後に続く言葉が変わってくるような気がするのです。

 

ちょっと極端かもしれませんが、例えば、夫に 何か書類を書いてもらいたいとして、

呼び捨ての「英治」だったら、後に続く言葉は「英治、書けよ」。

これが「英治くん」だったら、「英治くん、書いて」。

「英治さん」だと、「英治さん、書いてくださる?」になる。

もし「お父さん」と呼んでいたら、子どもの父親 としてしか見ていないので、「ねぇ、お父さんたら、書いてちょうだいよ」になる。

ごく個人的な わたしの感覚なのですけれど、そんなイメージです。(><)

 

「英治さん」と呼ぶことで、夫を一人の男性として意識することができ、ちょっぴり尊敬も込めつつ、甘えることもできたのかも(笑)。

 

というわけで、今後もわたしは、夫を「お父さん」とも「じいじ」とも呼びません。

ずっとずっと「英治さん」と、愛情込めて呼ぶのです。

 

だから、英治さん、

週末、デートしませんか?

「美女と野獣」もうやってるよ。

By | 2017-06-12T11:16:08+00:00 5月 29th, 2017|Categories: ブログ, 岸信子|0 Comments

About the Author:

岸信子
七男三女、12人家族のお母さん。10人の子供たちを育てた経験から子育てや家族に関する執筆や講演活動を行なう。

Leave A Comment