信子母さんのエッセイ第96回「いいとこリスト」

第96回「いいとこリスト」

前にも紹介したことがあるかと思いますが、わたしは家族みんなのいいところをそれぞれの年の数だけ書き出したノートを持っています。

数年前のある日、夫に「英治さんは、わたしのいいところを、年の数だけ探せる?」と尋ねてみたら、夫は「できるよ!」と即答しました。
ほんとに?と聞き返すと、「うんっ!」と自信満々の笑顔です。

じゃ、言ってみて、と言うと、5つくらいあげたところで、夫は言葉に詰まっています。
笑っているわたしに、夫は 慌てて「あとで紙に書いておくから!」 と言いました。

全然あてにしていませんでしたが、翌日、夫は、わたしの良いところを年の数だけ書き出した4枚の紙を手渡してくれました。

手渡されたリストを見てみると、似たようなことを繰り返したり、料理のメニューを書き連ねたり… 。 笑
苦心して絞り出したんだろうなぁ と、微笑ましく、でも、とっても嬉しかったです。

そのとき夫が書き出してくれたリストは次のようなものでした。

1.笑顔でいつもいる 2.笑顔がかわいい 3.料理にチャレンジする 4.つみれ汁がうまい 5.サラダが上手 6.かたづけが上手 7.手作りケーキができる 8.コロッケがうまい 9.蓮根料理ができる 10.私が作るたこ焼きが一番と言ってくれる 11.私のことを期待している 12.すぐに機嫌をなおしてくれる 13.おならをしない 14.失敗や欠点をゆるしてくれる 15.私と二人でいることを好んでくれる 16.スカートでいてくれる 17.専業主婦を守ってくれた 18.レッスンが上手 19.霊的である 20.準備(レッスン)をよくする 21.本を読むのが好き 22.一日あった出来事を上手に話してくれる 23.文章がうまい 24.話が上手。わかりやすい 25.童話を読むのがうまい 26.音楽が好き 27.ピアノが弾ける 28.聞き上手 29.一緒にお風呂に入ってくれる 30.同じ布団で寝てくれる 31.車の運転が上手 32.子どもの送り迎えをよくしてくれる 33.母を送り迎えする 34.夫のことを子どもに悪く言わない 35.母に私の悪口 愚痴を言わない 36.忍耐強い 37.人の悪口を言わない 38.子どもの良いところを知っている 39.私と子どもの架け橋である 40.女の子に妻としての教育をしてくれる 41.絵が上手 42.私の稼ぎが悪くても不平を言わない 43.指導者に従おうとする 44.従順である 45.優しい 46.お年寄りが好き 47.子どもによく話しかける 子ども好き 48.ラーメンが嫌いでも私に付き合ってくれる 49.私が作ったギョーザをうまいと言ってくれる 50.私を受け入れてくれる 51.信仰 希望 愛 がある 52.楽しいことが好き 53.方向音痴 54.よく抱擁してくれる 55.デートしてくれる 56.信仰がある 57.責任感がある 58.笑いが好きでユーモアがある 59.私の良いところを知っている 60.私を選んで結婚してくれた

4年経った今、そのリストをあらためて読み返してみると、最近欠けてるかな?と思えるものがいくつもあって、反省しきりです。(◞‿◟)

不思議なのは、良いところを指摘されると、頑張りたくなること。
これがもし、年の数だけ悪いところを書き連ねてあるリストだったらこんな気持ちにはならないだろうな…

慣れっこになってしまわないように。
幸せにあぐらをかかないように。
高慢にならないように。
歳を重ねるごとに良いところがひとつ増えていけるような、そんな生き方をしないとね… !

リストを前に そう決心しています。

家族のいいとこリスト、わたしも更新しようかな。

関連記事

URL NOT FOUND
URL NOT FOUND

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

編集部ピックアップ記事

  1. 2018-12-15

    信子母さんのエッセイ第74回「こんな幸せ」

  2. 2017-5-29

    ハンコック長老インタビュー① いじめっ子だった過去

  3. 2018-8-10

    信子母さんのエッセイ第61回「Nothing comes from nothing. (無からは何も生じません)」

  4. 2018-3-2

    信子母さんのエッセイ第39回「横一列に」

  5. 2017-9-15

    対談⑦ Orangestar × M.B 通算1,500万回再生の音楽動画クリエイターがヒットの裏側を語る(7/10)

  6. 2017-9-27

    家系図探求ソフト『ファミリーサーチ』が朝日新聞Globeで紹介される

  7. 2017-8-11

    信子母さんのエッセイ第14回「すべてはよし」

ページ上部へ戻る