信子母さんのエッセイ第80回「見上げても見上げなくても」

第80回「見上げても見上げなくても」

梅の木を指して母が言いました。
「もう半分散ってしもぅたばい(もう半分散ってしまったよ)」

見上げると、母の言う通り、庭の梅の花が 半分散ってしまっています。

「あら!いつの間に!」と驚くわたしに、「ほんなこて早かねぇ。咲いとっとは いっときだけんね(本当に早いねえ。咲いているのは少しの間だからね)」と母。

「わあ、残念!今年は満開を見損なったなあ。毎日この木の下を通ってたのに」と言うと、母は「よかよか。来年もまた咲くけん(いいよいいよ、来年もまた咲くから)」と言って、続けました。
「誰も教えんてちゃ咲くときばわかっとる(誰も教えなくても咲くときをわかってる)。人が見たっちゃ、見らんでちゃ、ちぁあんと毎年咲くけんね(人が見ても見なくても、ちゃあんと毎年咲くからね)偉かもんたい(偉いもんだわ)」

「来年はしっかり見るよ!」
「見てやらなんばい(見てあげないとね)せっかく うつくしゅ咲くとだけん(せっかく美しく咲くんだから)」

半分散った梅の木を見上げながら思いました。
置かれた場所で咲く梅の花。
わたしが見上げても見上げなくても、梅の木は今年も綺麗に花を開いて、この場所を美しくしてくれたんだよね…

「そな、行こかい(じゃ、行こうか)」
母に促され、車に乗り込みます。

今日は母とお墓まいり。
2月の晴れた穏やかな朝です。

関連記事

URL NOT FOUND
URL NOT FOUND

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

編集部ピックアップ記事

  1. 2017-11-24

    信子母さんのエッセイ第27回 「はたち(二十歳)の誕生日に」

  2. 2017-9-12

    対談⑥ Orangestar × M.B 通算1,500万回再生の音楽動画クリエイターがヒットの裏側を語る(6/10)

  3. 2017-7-10

    信子母さんのエッセイ第9回「工夫」

  4. 2017-12-27

    ふたつの言語の壁を克服―インドネシア出身モコドンピスさんインタビュー 

  5. 2018-8-27

    信子母さんのエッセイ第63回「pioneer(先駆者)」

  6. 2018-2-16

    信子母さんのエッセイ第37回「優しさの割合」

  7. 2017-6-1

    信子母さんのエッセイ第6回「おかげ、おかげて思わなんよ」

ページ上部へ戻る