信子母さんのエッセイ第71回「X mas & Christmas(クリスマスとクリスマス)」

第71回「X mas & Christmas(クリスマスとクリスマス)」

先日、教会の総大会があり、その中で、わたしたちの教会の指導者ネルソン大管長が、「教会の正しい名称を使いましょう」という話をされました。
わたしが所属している教会の正しい名称は「末日聖徒イエス・キリスト教会」です。
長い名称なので、短く「末日聖徒」と言ったり、聖書と共にモルモン書という聖典を使っていることから、「モルモン」と呼ばれることも多いです。
でも、大管長は正式な名前を使うようにしましょうと勧告されました。
なぜなら、”イエス・キリスト”という最も大切な名前を省略することは、イエス様を ないがしろにすることになるからです、と。
わたしたちは人生の中心にイエス様を据えるべきなので、その名前を省略することはやめましょうという大管長の勧告に、なるほど、と思いました。

さて、
ハロウィンが終わると、街はクリスマス一色に変わります。
あちこちでXmas というポップを目にするようになりますが、ところで、Xって何?
クリスマスは英語でChristmas。
Christmas の Christは、もちろんキリスト。masはミサをあらわします。
それが、どうしてXmasになったのかな?
ちょっと気になって、調べてみました。

諸説ありましたが、ひとつは、Xは クロス、つまり十字架を表している、というもの。
別の説では、Xはギリシア語の XPIΣTOΣ (読み方はわかりませんが、キリストを表す言葉だそうです)。その言葉を省力したものだ、というもの。
なるほど。どちらもキリストに関係はあるようです。

でも、少々長くとも、やっぱりChristmas と 書いたほうがいいよねぇと、あらためて思いました。
教会の正しい名称にしても、クリスマスの表記にしても、その中にイエス様の名前があるのは 大切で尊いことですから。(^ν^)💕

さてさて、もう11月です。
我が家も、かぼちゃのおばけたちを片付けて、クリスマスに向けての飾り付けを始めなくちゃ!

….って、ちょっとまだ気が早いかな?(๑>◡<๑)💦

関連記事

URL NOT FOUND
URL NOT FOUND

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

編集部ピックアップ記事

  1. 2018-2-9

    信子母さんのエッセイ第36回「求めない」

  2. 2018-8-10

    信子母さんのエッセイ第61回「Nothing comes from nothing. (無からは何も生じません)」

  3. 2018-7-13

    信子母さんのエッセイ第58回「kiss(キス)」

  4. 2018-7-6

    信子母さんのエッセイ第57回「jealousy(嫉妬、妬み)」

  5. 2017-12-6

    三つ子姉妹それぞれの巣立ち②―香山三姉妹インタビュー

  6. 2019-8-13

    信子母さんのエッセイ第95回「わたしはお母さん」

  7. 2018-7-23

    Mormon Mama: 涼しくなれる!桃ジュース!

ページ上部へ戻る