信子母さんのエッセイ第67回「trust(信頼する)」

第67回「trust(信頼する)」

この一か月あまり、出産のため里帰り中の次女や孫たちと過ごしています。

冒険心好奇心が旺盛な 1歳の希(まれ)ちゃんは、高いところがお気に入り。
椅子の上。テーブルの上。棚の上。目を離すとすぐに登ります。
つい先日も階段をどんどん登って、誇らしげに立っていたはいいものの、降りれなくなって困っていました。
「おいで」と手を伸ばすと、まれちゃんは、まるで落ちるかのように身を投げ出して、わたしの手に飛び込んできました。
受け止めてくれると信じてる。信頼してる。そこには、一点の曇りもありません。

うちの子たちもそうでした。
滑り台の上まで登ったものの、怖くなって降りれない子どもに、降り口にしゃがんで「おいで!お母さん、ここにいるよ!」と手を伸ばすと、笑顔で滑り降りてくる。
水が怖くてプールの淵に立っている子どもに、「大丈夫!おいで!」とプールの中から手を伸ばすと、ためらうことなく飛び込んでくる。

「すごい!できたね!」と ぎゅっと抱きしめながら痛感するのは、子どもたちの信頼の大きさ、強さでした。
その信頼がどれだけわたしを励まし、吟味させてくれたことか。
子どもたちの この純粋な瞳の先に、わたしはシャンと立ってる?
完璧ではないけど、頑張るお母さんでいよう。正直なお母さんでいよう。恥ずかしくないお母さんでいよう。と。

子どもたちはすっかり大きくなりましたが、いま、孫たちの存在が、信頼されるばあばでいたいと、わたしに再決心させてくれています。

でも、
最近ドキッとしたのは、まれちゃんが、床にこぼした水にタオルを投げて、足で拭こうとしていたこと。

次女は「やだあ!これ、わたしがやってることだ!」と苦笑していましたが、ごめん、それをあなたに教えたのはわたしだ。(๑>◡<๑)💦

 

関連記事

URL NOT FOUND
URL NOT FOUND

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

編集部ピックアップ記事

  1. 広島県呉市内の西日本豪雨で災害にみまわれた近隣住民に、水や節位を届けるヘルピングハンズの方々

    2018-8-13

    ヘルピングハンズ災害支援レポート/西日本豪雨(更新:8/9)

  2. 2017-10-30

    誰かのために良い人になりたい① 國司さんインタビュー 

  3. 2018-7-6

    信子母さんのエッセイ第57回「jealousy(嫉妬、妬み)」

  4. 2018-1-26

    信子母さんのエッセイ第34回「結んだ実」

  5. 2018-1-12

    信子母さんのエッセイ第32回「まさか」

  6. 2017-5-29

    信子母さんのエッセイ第5回「英治さん」

  7. 2018-4-20

    信子母さんのエッセイ第46回「『を』の使い方」

ページ上部へ戻る