信子母さんのエッセイ第6回「おかげ、おかげて思わなんよ」

  

わかってるよ、と言いたくなるくらい 母から繰り返し言われてきたことの一つに

「おかげ、おかげて思わなんよ」という言葉があります。

熊本弁で「おかげさま、おかげさまと思わなければいけないよ」という意味です。

 

母の言葉はこうです。

 

「どがんこつでん当たり前て思うちゃならん(どんなことでも 当たり前と思ってはいけない)。

世の中に当たり前んこつぁ  なぁんもなかっだけん(世の中に当たり前のことなんか何もないんだから)。

なんでん、ご先祖さん  人さんのおかげだけんね(なんでも、ご先祖さま 人さまのおかげだからね)。

どがんときでん、そっば忘れちゃならんよ(どんなときでも、それを忘れてはいけないよ)。

よかこつのあったっちゃ、けしてのぼせちゃならん(いいことがあっても、決して高慢になってはいけない)。

おかげ、おかげて、頭ば下げて暮らすなら、みんなから可愛がってもらわるっけんね(おかげさま、おかげさま、と頭を下げて暮らすなら、みんなから可愛がってもらえるからね)。

よかね?信子ちゃん、おかげ、おかげば、忘るっとでけんよ(いい?信子ちゃん、おかげさま、おかげさま、の気持ちを忘れてはいけないよ)」

 

わたしは62歳で、10人の子どもたちの母親で、6人の孫のおばあちゃんですが、母の前では今でも長女の「信子ちゃん」です。

 

忘れんよ、お母さん。

ちゃんとしっかり、覚えとくけん!(覚えておくから!)

 

関連記事

URL NOT FOUND
URL NOT FOUND

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

編集部ピックアップ記事

  1. 東日本大震災の被災地支援として、傾聴ボランティアとして対応するヘルピングハンズの方々。

    2018-7-27

    ヘルピングハンズ・アーカイブス/【2011年-2018年】近年のおもな支援活動

  2. インタビューに答える、現在のアレックス・ボイエ。

    2018-8-3

    路上生活から動画総再生数4億回のミュージシャンへ:アレックス・ボイエ

  3. 2017-10-6

    先祖調べの壁を克服して自分のルーツをたどった青年②―ハンコックさんインタビュー 

  4. 広島県呉市内で西日本豪雨災害による泥かき出し作業を行う、ヘルピングハンズの方々

    2018-9-10

    【急募】西日本豪雨被災地へのボランティア(催行日:8/25・9/8・9/22)

  5. 2018-1-19

    信子母さんのエッセイ第33回「未熟者」

  6. 2018-8-10

    信子母さんのエッセイ第61回「Nothing comes from nothing. (無からは何も生じません)」

  7. 2017-7-25

    信子母さんのエッセイ第11回「心地よい場所」

ページ上部へ戻る