信子母さんのエッセイ第59回「lemonade(レモネード)」

第59回「lemonade(レモネード)」

随分前に、日本の戦時中を描いたテレビドラマを見ました。
その中で、『足らぬ足らぬは工夫が足らぬ』というポスターの『工』の文字を塗りつぶして、『足らぬ足らぬは夫が足らぬ』としたり、『贅沢は敵だ』に一字加えて『贅沢は素敵だ』に書き換える女性たちがいました。
夫や父や兄弟たちを戦争にとられ、大変な窮乏を強いられていた女性たちが、書き換えたポスターの前で、声を上げて笑っているのです。
ドラマの内容は忘れましたが、その場面だけはずっと心に残っています。
苦しいことから抜け出すことは出来なくても、見方を変えて笑い飛ばす。工夫して乗り切る。
本当に女性は強いなあ!と、心から思いましたし、こんなふうに生きたいなあ、とも思いました。

それから何年も経ってから、カーネギーの『幸福を見つける方法。それは、自分の気の持ち方を工夫すること』という言葉を知りました。
あ、あの時のドラマと同じだ!
さらに、カーネギーの別の言葉も知りました。『人生が君にレモンをくれたなら、レモネードを作りなさい』。
どんなに酸っぱいレモンも、工夫次第で甘くて美味しいレモネードになる、というこの言葉が わたしはとても好きです。

先日、教会で 食料貯蔵の集会があった際、”レモネードの粉”を持ってきている人がいました。お水かお湯を注ぐと、甘酸っぱいレモネードになるのだそうです。
彼女は言いました。
「苦しい時には甘いものが必要です」と。

なるほど!
早速わたしも買ってきましたよ!粉末レモネード。(^ν^)

そして、食料貯蔵品収納箱に こんなカードも入れておきました。

“When life gives you lemons, make lemonade.” Dale Carnegie

関連記事

URL NOT FOUND
URL NOT FOUND

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

編集部ピックアップ記事

  1. 2017-7-26

    ロス長老インタビュー① 自立の精神を養ったホームスクーリング

  2. 2018-4-9

    Mormon Mama: アメリカの味!簡単ミートボール

  3. 2018-7-6

    信子母さんのエッセイ第57回「jealousy(嫉妬、妬み)」

  4. 聴衆と一体となって歌う、レキシー・ウォーカー。

    2018-6-18

    レキシー・ウォーカー,アジアツアー2018

  5. 2018-8-10

    信子母さんのエッセイ第61回「Nothing comes from nothing. (無からは何も生じません)」

  6. 2017-4-26

    信子母さんのエッセイ第3回「いろんな見方で」

  7. 2017-12-29

    信子母さんのエッセイ第31回「本当にありがとう!」

ページ上部へ戻る