信子母さんのエッセイ第50回「Congratulations!(おめでとう!)」

第50回 「Congratulations!」(おめでとう!)

ブログ連載開始から数えて、記念すべき50回目となる今回。
Cの付くタイトルは「Congratulations!」(おめでとう!)を選びました。

タイトルを決めたので、ブログを書く前に、congratulationsについて、あらためて調べてみると…

日本語では、お祝いする際にはいつでも「おめでとう!」と言いますが、英語では、ケースによって言葉を使い分けるのだとか。

“Congratulations” は、卒業や昇進など 、”その人の努力で成し遂げたこと” に対して使うもの。
誕生日や新年などのように”努力してもしなくても 毎年のようにやってくる” ものには、ハッピーやメリーを使うのだそう。

なるほど。

ハッピーバースデイ!
ハッピーニューイヤー!
ハッピーマザーズデイ!
メリークリスマス!

とはよく耳にする言葉ですものね。

でも、例文を見ているうちに、おや?と首をかしげたくなるものがありました。
このような文章です。

結婚10周年おめでとうございます!
Happy 10th anniversary!

あれ?
結婚10周年は、”努力してもしなくてもやってくる” という部類に入るのかな?

わたしたち夫婦は、今年で結婚35周年。
振り返れば、楽しいこと嬉しいことが沢山ありましたが、大変なこと辛いことがなかったわけではありません。
途中で投げ出さず、諦めず、忍耐もし、努力もし、1周年、5周年、10周年、20周年、30周年、…と、養い育ててきた年月です。
ここは、Congratulations!と祝ってもいいんじゃない?

とは言っても、
英語は母国語ではありませんし、堪能でもありませんので、そのニュアンスはわからないのですが。(๑>◡<๑)💦笑

とにかく!

一日一日 、一歩一歩、
ブログも結婚生活も、大切に積み重ねていきたいと思っています。

Congratulations! 連載50回!
Congratulations!結婚35周年!

これからも どうぞよろしくです!(^∇^)💕

関連記事

URL NOT FOUND
URL NOT FOUND

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

編集部ピックアップ記事

  1. 2017-5-29

    ハンコック長老インタビュー② 若くても出来ることがある

  2. 2018-1-19

    信子母さんのエッセイ第33回「未熟者」

  3. 2018-5-25

    父と再び会える喜びータイ出身ブアチャイヤさんインタビュー

  4. 2017-9-12

    対談 Orangestar × M.B 通算1,500万回再生の音楽動画クリエイターがヒットの裏側を語る⑥

  5. 2017-7-25

    信子母さんのエッセイ第11回「心地よい場所」

  6. 2018-1-26

    信子母さんのエッセイ第34回「結んだ実」

  7. 2018-5-11

    信子母さんのエッセイ第49回「brilliant smile (輝く笑顔)」

ページ上部へ戻る