信子母さんのエッセイ第45回「わら人形にも衣装」

第45回「わら人形にも衣装」

「信子ちゃん、そら似合わん!(信子ちゃん、それは似合わないよ!)」と母。

リサイクルショップで買った薄いグレーの春らしいニットに、ケチをつけるのです。

いいでしょ?春らしくて、と言うと、母は、
「でけん!そら 地味か!(ダメ!それは地味よ!)。年ば取ったら もちっと綺麗か色ば着らなん!(年を取ったなら もう少し綺麗な色を着なくちゃ!)」 と引き下がりません。

もう!何を着たってわたしの勝手でしょ!
しつこい母に なんだか腹がたってきます。

すると母は自分の部屋へ行き、何やら持って戻ってきました。

「こるば着てみなっせ(これを着てごらん)」と 見せられたのは、ラメの入った赤っぽいピンクのベスト。母の友達が編んでくれたものだとか。

いらないよ、と断っても、
「よかけん着てごらんて!(いいから着てみなさいって!)」と、無理やり押し付けます。

渋々着てみると、母は満面の笑顔で言いました。
「ばあ!よう似合うたい!(まあ!よく似合うじゃない!)こらぁ、わら人形にも衣装ばい!(これは、わら人形にも衣装だわ!)」

……

……💧

あの、
お母さん、

それを言うなら、
馬子にも衣装、じゃないの?

「あら?そがんだったろか?(あら?そうだったかしら?)」と母。
うん。わら人形だったら、呪いでしょ?呪いを込めて、わら人形に五寸釘を打ち付ける、時代劇のあれよ、と説明したところ、
「ばあ!そがんだったねー!(あらあ!そうだったねー!)」と驚いた声をあげました。

「どーか、そら おおごつ!ごめん、ごめん、(どうしましょ、それは大変!ごめん、ごめん)」と謝った母は、
「信子ちゃんば呪やせん せん!そらせんばい!(信子ちゃんを呪ったりしない しない!それはしないわよ!)あははは」と笑いだしました。

母が あんまり愉快そうに笑うので、わたしもつられてしまいます。

あはははは
あははははは

86歳の母と62歳のわたし。
二人で笑い転げる春の午後です。

外はとってもいい天気!

この派手なベストを着て、一緒にお出掛けしようか?お母さん。

関連記事

URL NOT FOUND
URL NOT FOUND

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

編集部ピックアップ記事

  1. 2018-5-11

    信子母さんのエッセイ第49回「brilliant smile (輝く笑顔)」

  2. 2018-2-8

    アレックス・ボイエの初来日コンサート

  3. 2017-5-29

    信子母さんのエッセイ第5回「英治さん」

  4. 2017-7-10

    信子母さんのエッセイ第9回「工夫」

  5. 2017-9-22

    信子母さんのエッセイ第20回「手紙」

  6. 2017-8-8

    信子母さんのエッセイ第13回「幸せはこにある」

  7. 2017-12-6

    三つ子姉妹それぞれの巣立ち②―香山三姉妹インタビュー

ページ上部へ戻る