信子母さんのエッセイ第27回 「はたち(二十歳)の誕生日に」

二十歳の誕生日に、わたしはバプテスマ(洗礼)を受け、末日聖徒イエス・キリスト教会の一員になりました。
62歳の今、振り返って思うのは、
あの日わたしは、幸せへ続く道の入り口にある門をくぐったんだなあ、ということ。
そして、
その門に至るまでのどの出会いにも、どの出来事にも、神様の御手があったんだなあ、ということ。

偶然は、神様の愛です。

あなたがこのブログを目にしたことも、読んでくださったことも。(^ν^)💕

🌱🌱🌱

帰ってきませんか?

教会に来てみませんか?

関連記事

URL NOT FOUND
URL NOT FOUND

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

編集部ピックアップ記事

  1. 2017-5-29

    ハンコック長老インタビュー② 若くても出来ることがある

  2. 2018-8-27

    信子母さんのエッセイ第63回「pioneer(先駆者)」

  3. 2018-11-13

    信子母さんのエッセイ第72回「young man(ヤングマン)」

  4. 2018-9-11

    信子母さんのエッセイ第65回「regret(後悔)」

  5. 2017-6-1

    信子母さんのエッセイ第6回「おかげ、おかげて思わなんよ」

  6. 2018-3-2

    信子母さんのエッセイ第39回「横一列に」

  7. 2017-12-22

    信子母さんのエッセイ第30回「平安という贈り物」

ページ上部へ戻る