信子母さんのエッセイ第130回「新しい日常」

第130回「新しい日常」

マスク、手洗い、ソーシャルディスタンス等が、新しい日常として推奨される昨今ですが、今日は “わたし自身の新しい日常” について書きたいと思います。

子どもたちが一人一人巣立って行った我が家は今、六男、七男、わたしたち夫婦、母、の5人家族です。

子どもたちがまだ小さかった頃は、毎日が賑やかで、毎朝がバタバタでした。

長男が中3になって早朝セミナリーが始まると、大きく変わったのは起床時間。4時半に起きて、お弁当の下準備をしてから教会に向かい、帰ったらお弁当を仕上げて、行ってらっしゃい!と子どもたちを送り出す。そんな慌しい日々が、末っ子が高校を卒業するまでの20年続きました。

今は、と言えば、その頃とは大違い。子どもに手がかからなくなった分、ずいぶん楽になりました。

その反面、病院やリハビリ、買い物その他で、母のために使う時間が格段に増え、振り回されることも少なくありません。

そこで、誰にも邪魔されない朝の時間を有効に使えないかと、新しいスケジュールを組んでみました。

 ○5時半に起きる。

 ○トイレや着替えを済ませた後、ラジオ体操第1と第2をする。

 ○お祈りして、

 ○朝ごはんの支度をして、

 ○夫が新聞配達から帰ってきたら、一緒に聖典を読み、一緒に祈る。

 ○それから(まだ寝ている子どもたちや母より先に)2人で朝ごはん♡

 ○一緒に朝の情報番組を見て、

 ○朝ドラが終わったら、夫は出勤。わたしは朝の家事を始める。

と、ここまでが新しい朝のルーティンです♫

午前中は、母を見守りつつ家のこと、わたしのこと。

午後は母のために使う。

新年に入ってからの1ヶ月余りをこのリズムで過ごしてみましたが、滑り出しは今のところ順調かな?

わたしのお気に入りは、新しく取り入れたラジオ体操!

わたしたちの世代にとって、ラジオ体操は もはや体の一部! 数十年経ってもちゃんと体が覚えてるんですよね〜(๑˃̵ᴗ˂̵)💕笑

ケータイを置き、ラジオ体操の動画に合わせて上下左右に手足を思いっっきり伸ばすのは、本当に気持ちがいいです!

夫と2人で聖典を読んでお祈りする。

振り返れば、こんな時間は新婚時代以来かもしれません。

新鮮で、ちょっとワクワクするような嬉しい朝のひと時です。

これからも、その時その時にできることを考えながら、毎日を楽しみたいと思っています。

思い通りにいかない日も、もちろんあるけれど、そこは柔軟に!

わたしの新しい日常は、始まったばかりですから!^ ^

関連記事

URL NOT FOUND
URL NOT FOUND

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

編集部ピックアップ記事

  1. 2018-2-9

    信子母さんのエッセイ第36回「求めない」

  2. 2019-9-23

    信子母さんのエッセイ第102回「この瞬間に」

  3. 2017-10-24

    信子母さんのエッセイ第23回「ニーファイのように」

  4. 2018-10-9

    信子母さんのエッセイ第68回「unweary (疲れない)」

  5. 2019-4-2

    信子母さんのエッセイ第85回「どんな天気でも」

  6. 2021-3-18

    信子母さんのエッセイ第132回「おたまの話」

  7. 2020-5-26

    信子母さんのエッセイ第119回「年代物」

ページ上部へ戻る