信子母さんのエッセイ第120回「遺影」

第120回「遺影」

これは、5年前の写真。
1人で写っている写真が必要になり、ケータイで息子に撮ってもらったのですが、この時のことはよく覚えています。

自然な感じに撮れて気に入ったので、わたしは、ありがとう!いいね!これ、わたしの遺影にしよう!と言いました。

すると、即座に息子が口を開きました。
「お母さん、死にそうな気がするの?」

え?と聞き返すと、息子は「もうすぐ死にそうな気がするの?」とまた尋ねます。
え?なんで?と、また聞き返すと、息子は「だから、もうすぐ死ぬような気がするのか聞いてんの!」と怒ったような口調で言いました。

え?してませんけど、と答えると、息子はぶっきらぼうに「なら いい!」と言い残して部屋を出て行きました。

わたしはフッとおかしくなりました。
男の子と女の子は違うなぁ。
娘たちだったら間違いなく「うん、この写真をのぶちゃんの遺影にしよう〜♪」と、軽いノリで笑ってくれるのに。^ ^

“遺影”という言葉のインパクトが、当時高校生だった息子には強すぎたのかもしれません。

でも、若くないわたしは、遺影について時々考えます。
27年前に父が亡くなった時、父の遺影はわたしが選びました。
選んだのは、亡くなる直前の写真ではなく、亡くなる数年前、わたしの結婚式の日の写真。喜んでくれている父の穏やかな笑顔が大好きだったからです。

わたしはどんな顔を残したいか、子どもたちに、わたしのどんな顔を覚えておいて欲しいか…  そう考える時、やっぱり笑顔の写真を残したいなあ、と思います。
そして、残したいものについて考えていると、そのためにどんな生き方をするべきか、少し見えてくるような気がするのです。
….

65歳。
しっかり生きよう。

関連記事

URL NOT FOUND
URL NOT FOUND

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

編集部ピックアップ記事

  1. 2017-6-28

    信子母さんのエッセイ第8回 機嫌のいいマルタ

  2. 2021-2-10

    信子母さんのエッセイ第130回「新しい日常」

  3. 2017-7-20

    信子母さんのエッセイ第10回「健康は試練」

  4. 2020-10-22

    信子母さんのエッセイ第125回 「スカート」

  5. 2017-4-13

    信子母さんのエッセイ第2回「証(あかし)って なあに?」

  6. 東日本大震災の被災地支援として、傾聴ボランティアとして対応するヘルピングハンズの方々。

    2018-7-27

    ヘルピングハンズ・アーカイブス/【2011年-2018年】近年のおもな支援活動

  7. 2017-8-11

    信子母さんのエッセイ第14回「すべてはよし」

ページ上部へ戻る