信子母さんのエッセイ第119回「年代物」

第119回「年代物」

わたしはリサイクルショップで よく買い物をします。いろんなものがとても安く手に入るからです。

一方、古いからこそ味わいのある “アンティーク”や”ビンテージ”と呼ばれるものもあります。

どちらも同じように物の年代や価値を表す言葉ですが、その年数の違いで使い分けられているそうです。

🍀アンティーク

年代を経て品格があること。また、そのさま。

100年以上前に作られ、美術品レベルの収集価値があるものを指す。

🍀ビンテージ

時間とともに良さが増した物で、製造されてから25年程度~100年未満経過しているものを指す。

わたし信子は、製造されてから65年。

母のミツ子は、製造されてから89年。

どちらもなかなかの年代物です。^ ^

 ビンテージ 信子✨

 アンティーク ミツ子✨✨

ふふ。

価値ある年代物となれるよう、一緒に頑張ろうね、お母さん!

関連記事

URL NOT FOUND
URL NOT FOUND

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

編集部ピックアップ記事

  1. 2017-5-29

    ハンコック長老インタビュー① いじめっ子だった過去

  2. 2017-12-29

    信子母さんのエッセイ第31回「本当にありがとう!」

  3. 2019-1-8

    信子母さんのエッセイ第77回「いい人になりたい!」

  4. 2021-2-10

    信子母さんのエッセイ第130回「新しい日常」

  5. 2018-8-10

    信子母さんのエッセイ第61回「Nothing comes from nothing. (無からは何も生じません)」

  6. 2018-7-23

    Mormon Mama: 涼しくなれる!桃ジュース!

  7. 2020-11-25

    信子母さんのエッセイ第127回「歩いていこう」

ページ上部へ戻る