信子母さんのエッセイ第119回「年代物」

第119回「年代物」

わたしはリサイクルショップで よく買い物をします。いろんなものがとても安く手に入るからです。

一方、古いからこそ味わいのある “アンティーク”や”ビンテージ”と呼ばれるものもあります。

どちらも同じように物の年代や価値を表す言葉ですが、その年数の違いで使い分けられているそうです。

🍀アンティーク

年代を経て品格があること。また、そのさま。

100年以上前に作られ、美術品レベルの収集価値があるものを指す。

🍀ビンテージ

時間とともに良さが増した物で、製造されてから25年程度~100年未満経過しているものを指す。

わたし信子は、製造されてから65年。

母のミツ子は、製造されてから89年。

どちらもなかなかの年代物です。^ ^

 ビンテージ 信子✨

 アンティーク ミツ子✨✨

ふふ。

価値ある年代物となれるよう、一緒に頑張ろうね、お母さん!

関連記事

URL NOT FOUND
URL NOT FOUND

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

編集部ピックアップ記事

  1. 2019-8-27

    信子母さんのエッセイ第97回「主婦休み」

  2. 2018-7-23

    Mormon Mama: 涼しくなれる!桃ジュース!

  3. 2020-1-27

    信子母さんのエッセイ第115回「家族」

  4. 東日本大震災の被災地支援として、傾聴ボランティアとして対応するヘルピングハンズの方々。

    2018-7-27

    ヘルピングハンズ・アーカイブス/【2011年-2018年】近年のおもな支援活動

  5. 2019-8-13

    信子母さんのエッセイ第96回「いいとこリスト」

  6. 2019-3-13

    信子母さんのエッセイ第83回「カウントダウン」

  7. 2018-7-13

    信子母さんのエッセイ第58回「kiss(キス)」

ページ上部へ戻る