信子母さんのエッセイ第119回「年代物」

第119回「年代物」

わたしはリサイクルショップで よく買い物をします。いろんなものがとても安く手に入るからです。

一方、古いからこそ味わいのある “アンティーク”や”ビンテージ”と呼ばれるものもあります。

どちらも同じように物の年代や価値を表す言葉ですが、その年数の違いで使い分けられているそうです。

🍀アンティーク

年代を経て品格があること。また、そのさま。

100年以上前に作られ、美術品レベルの収集価値があるものを指す。

🍀ビンテージ

時間とともに良さが増した物で、製造されてから25年程度~100年未満経過しているものを指す。

わたし信子は、製造されてから65年。

母のミツ子は、製造されてから89年。

どちらもなかなかの年代物です。^ ^

 ビンテージ 信子✨

 アンティーク ミツ子✨✨

ふふ。

価値ある年代物となれるよう、一緒に頑張ろうね、お母さん!

関連記事

URL NOT FOUND
URL NOT FOUND

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

編集部ピックアップ記事

  1. 2018-5-11

    信子母さんのエッセイ第49回「brilliant smile (輝く笑顔)」

  2. 2018-5-25

    亡き父といつか再び会える喜びータイ出身ブアチャイヤさんインタビュー

  3. 2019-5-13

    信子母さんのエッセイ第89回「それがどうした」

  4. 2017-9-27

    家系図探求ソフト『ファミリーサーチ』が朝日新聞Globeで紹介される

  5. 2018-10-9

    信子母さんのエッセイ第68回「unweary (疲れない)」

  6. 2017-4-13

    信子母さんのエッセイ第2回「証(あかし)って なあに?」

  7. 2018-2-9

    信子母さんのエッセイ第36回「求めない」

ページ上部へ戻る