信子母さんのエッセイ第106回「神様の愛の御手の中で」

第106回「神様の愛の御手の中で」

洪水。台風。火事。地震。

これまで経験した中で、特に忘れられないのは9年前の火事と3年前の地震でしょうか。

家が全焼し、狭い団地で過ごした9ヶ月。大変なこともあったけれど、思い返せば、どれだけ沢山のことを学んだだろう… と思います。

わたしたち家族はこんなに愛されているんだ….と、強烈に実感し、その愛の”受け方”を学びました。感謝すること、謙遜になることの大切さも。

火事にならなければ気づかなかったこと、知り得なかったことが、本当にいっぱいあります。

熊本地震を振り返ってみれば、真っ先に思い出すのは、他県から来たトラックに書かれていた「頑張れ熊本!」の文字。

どんなに嬉しく、どんなに励まされたことか。

助けの手を差し伸べてくださる多くのボランティアの方々の存在、わたしたちを心にかけ、祈ってくださっている沢山の方々の存在が、どんなに頼もしく、どんなにありがたかったことか。

助け合い、支え合うことはこんなにも素晴らしいことなんだ、と心の底から感じることができました。

その経験がなかったら得られなかったであろう様々なことを考えると、たとえ痛みを伴う経験であったとしても、わたしに必要なことだったんだな…  と思わずにはいられません。

そのおかげで、前よりもっとへりくだることも、もっと強くなることもできました。

64歳のわたしが、この先あと何年生きるかはわからないけれど、生きている限り、これからもいろんなことがあるでしょう。

でも、きっと、無駄な経験はひとつもないはず。

全てはよし。

と、受け止めながら生きていけたらいいな…  と願います。神様の愛の御手の中で。

関連記事

URL NOT FOUND
URL NOT FOUND

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

編集部ピックアップ記事

  1. 2019-3-13

    信子母さんのエッセイ第83回「カウントダウン」

  2. 2017-11-24

    信子母さんのエッセイ第27回 「はたち(二十歳)の誕生日に」

  3. 2017-4-26

    信子母さんのエッセイ第3回「いろんな見方で」

  4. 2017-10-6

    先祖調べの壁を克服して自分のルーツをたどった青年①―ハンコックさんインタビュー 

  5. 2017-9-22

    信子母さんのエッセイ第20回「手紙」

  6. 2019-5-8

    信子母さんのエッセイ第87回「空の深さ」

  7. 2019-7-29

    信子母さんのエッセイ第93回「名前への思い」

ページ上部へ戻る