対談 Orangestar × M.B 通算1,500万回再生の音楽動画クリエイターがヒットの裏側を語る②

動画再生回数1,500万回以上「未完成エイトビーツ」のボカロP:Orangestarと,タッグを組んでヒットを放つイラストレーターM.Bが, 今だから語る制作秘話

Orangestar:タイムリミッターってどうやって進めたんでしたっけ?

M.B:イラスト完成までに2か月くらいかかったよね。苦戦したとかいうのもあったけど。

Orangestar:なんか仕事が重なったんですよね。

M.B:そうそう,なかなか進められなくて。で,そのときだな,たぶん1番,スカイプでね,熱いことを語り合ってた。

俺らこうやって出会ったのは意味があって,だから意味のある曲作らなきゃって。
それは好き勝手作るんじゃなくて,俺らクリスチャンという立場も踏まえて,世の中の人がそれを聞いて元気とか,勇気とかもらえるような。
それしかなかったよね。だからお互いそれを妨げることがないように私生活でも気をつけようとか。(笑)

Orangestar:そうですね。なんかふたりともニコニコ(動画)とか全然見る人じゃなかったからニコニコの流行りとかも知らなかったんですけど,何を思ったか,そこで「俺らの時代を作る!」みたいなことを言ってて。

M.B:言ってたね(笑)。俺らの時代を作るなんて。

Orangestar:でも、当時、僕、全然しゃべらなくて。

M.B:そうそう,本当に最初のスカイプね。俺が9.9割くらいしゃべってたよ。Orangestarくんは「そうですね」って相槌だけで。

Orangestar:そうですね。基本的にM.Bさんが引っ張って。だから高1の僕はただの何も考えていない高校生みたいな。

遊びで曲作っている高校生がお兄さんと組むってなったら,なんかすごい熱い人で,教会のことにもすごく真面目で、えらく影響を受けましたね。

そこから作品も影響を受けて,で,タイムリミッター。初めて完成した合作。

M.B:初合作。

「未完成タイムリミッター」2014年2月

Orangestar:その頃の僕の最高再生数が700くらいで。で,タイムリミッターをあげたら1700くらい。まぁまぁまぁ,進歩かなって。

M.B:サムネ(サムネール)の力もあったんじゃないかなと思うね。ゲーム系案件で縮小した時に映えるっていう絵をいつも描いていたから。この活動のためだったんだな,きっとな。あの仕事の経験は。

Orangestar:曲的にも僕の中で初めて人に勧められるような曲を作ったかなと思ってて。初めて作品ぽいものを残せたかなって。

M.B:確かに,完成度としてはタイムリミッターが当時1番よかったかな。古いのも好きだったけどね。

(タイムリミッターは)キャラの口をね,歌詞に合わせるのが超面倒臭くて(笑)。もうこれやめましょうって,1回で。

Session 3 アメリカ留学と『イヤホンと蝉時雨』につづく

関連記事

URL NOT FOUND
URL NOT FOUND

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

編集部ピックアップ記事

  1. 2018-2-1

    宣教師って何をしているの?―ロケットさんインタビュー① 

  2. 2017-12-6

    三つ子姉妹それぞれの巣立ち②―香山三姉妹インタビュー

  3. 2017-11-24

    信子母さんのエッセイ第27回 「はたち(二十歳)の誕生日に」

  4. 2017-6-1

    信子母さんのエッセイ第6回「おかげ、おかげて思わなんよ」

  5. 2018-4-13

    信子母さんのエッセイ第45回「わら人形にも衣装」

  6. 2018-3-2

    信子母さんのエッセイ第39回「横一列に」

  7. 2017-11-10

    信子母さんのエッセイ第26回「伸びやかに」

ページ上部へ戻る